京都で生まれた生どら焼き
くりーむ小町とチーズみかさ

素材にとことんこだわった
生クリームベースの餡と
ふわり生地のハーモニー

コンセプト

和菓子の老舗だから生どらにもこだわりました。

和菓子職人のこだわりで焼き上げたくりーむ小町とチーズみかさ。口どけふんわり、黄金色の生地の中には、最高級のつぶあんと、新鮮な生クリームが溶け合って、絶妙のハーモニーを奏でます。

ふっくらにこだわり

きめの細かい最上級の小麦粉。ホタルの里として知られる、熊本県旭志の大自然の中で育った鶏の卵。ほぐした卵を丁寧に裏ごしし、2度に分けて小麦粉と混ぜ合わせたあとは、じっくり寝かせてなじませ、使い込んだ鉄板で焼き上げます。 菓子づくり職人が、時間と手間と技術を惜しみなく注いで辿り着いた、『京阿月』だけの新しい味です。

和も洋も。

『京阿月』の餡は、最高級の丹波大納言を使い、小豆の風味を生かすため、白ザラ糖だけであっさりと炊き上げます。 甘い香りの餡に合わせるのは、北海道の生乳でできた生クリーム。和と洋。2つの素材のコラボが、これまでにない味わいを生みました。宇治の抹茶だけを丁寧に挽いて、生クリームと合わせた「抹茶」、フランス産のチーズとコラボが新しい「チーズみかさ」も併せてご賞味ください。

株式会社 京阿月
© kyoazuki co.,ltd.